ギター マイナーペンタトニックスケール ポジション一覧表(指板度数入りダイアグラム)

今回はマイナーペンタトニックスケールの一覧表です。

ギター初心者がまず初めに覚えるスケールはメジャースケールかマイナーペンタトニックスケールだと思います。マイナーペンタトニックが初めて覚えたスケールだという人も多いのではないでしょうか。ポップス・ブルース・ロック・ジャズなどジャンルを問わず頻繁に使われる便利なスケールですよね。

ギターでアドリブを弾くための準備として、マイナーペンタトニックスケールをギターの指板全域で自由に弾けるようにします。定番のボックスポジションに加えて4つ追加すればOKです。

関連記事:マイナーペンタトニックから作るドリアンスケールの覚え方とギター指板ポジション一覧表(度数入り)

ギター マイナーペンタトニックスケール ポジション指板一覧表(度数付きダイアグラム)

マイナーペンタトニックスケールの構成音は「R、m3、P4、P5、m7」の5音です。

マイナーペンタトニックスケール

上段真ん中は超有名な定番マイナーペンタのボックスポジションですね。その他に4つ、全部で5つのポジションを紹介していますが、これを覚えればギターの指板全域でマイナーペンタトニックスケールの位置が見えるようになるはず。よく♭5やM3などの音を追加してアドリブを弾いたりもするので、度数も含めてしっかりと覚えたいところです。

それぞれのポジションでm7コードを弾いてからマイナーペンタトニックスケールを弾くのがおすすめです。

上のマイナーペンタトニック一覧表の

  • 上段左のポジションは6弦ルートのm7フォーム(11thのテンションを弾くフォームがスケールの形に近くなるのでおすすめ)
  • 上段真ん中のポジションは6弦ルートのm7フォーム
  • 上段右のポジションは4弦ルートのm7フォーム
  • 下段左のポジションは5度を弾かない5弦ルートのm7フォーム
  • 下段右のポジションは5弦ルートのバレーコードのm7フォーム

m7コードのフォームは「ギター 基本コードフォーム一覧表(6~4弦ルート4和音・度数入り指板表)【メジャー7th・マイナー7th・7th・マイナー7thフラット5・ディミニッシュ】」こちらの記事でそれぞれ紹介していますので、覚えていない人は参考にしてください。

大きなスケールポジション一覧図はこちらに用意してあるので、マイナーペンタトニックスケールの練習に活用してください。

ギター マイナーペンタトニックスケール ポジション一覧表

トライアドの把握は重要なのでスケール練習と併行して覚えていくのが良いと思います。

関連記事:ギター トライアド一覧表で指板の理解力アップ!【メジャー・マイナー・ディミニッシュ・オーギュメント】

タイトルとURLをコピーしました